美老園のお茶

おいしいお茶の淹れ方


おいしいお茶の淹れ方

おいしいお茶の淹れ方(1)

軟水の水を使い、充分に沸騰させます。
やかんを使ってお湯を沸かす場合、水道水のカルキ臭をとるには、沸騰後、フタを開けて約3分煮たたせます。


おいしいお茶の淹れ方(2)

湯のみの8分目まで(約80cc)お湯を注ぎ、お茶の種類に応じて60~80℃まで冷まします。
注ぎいれるだけで約10℃下がります。


おいしいお茶の淹れ方(3)

湯冷ましの間に、急須に適量の茶葉を入れます。


おいしいお茶の淹れ方(4)

湯冷まししたお湯をゆっくりと急須に注ぎ、フタをして60秒蒸らします。
急須を強くゆすると苦渋味が出るため、そのまま待ちます。


おいしいお茶の淹れ方(5)

お茶の濃度が均一になるようにまわし注ぎ、最後の一滴まで注ぎきります。


おいしいお茶の淹れ方(6)

二煎目はやや高めの湯温で、蒸らし時間は0~20秒。
一煎目とは違うさっぱりとした味わいが愉しめます。


おいしさのポイント

お湯の温度
高めの湯温
キリッとした渋みと高い香り
低めの湯温
まろやかな甘みとやわらかい香り
おいしい湯温の目安
特選鳳苑・鳳苑・その他のお茶  :70~80℃
鳳秀              :60~70℃
特選鳳秀・極み奥霧島茶・工匠の茶:60℃
茶葉の量
ティースプーンで量ります。

1人分:山盛り1杯(3g)

山盛り1杯(3g)

2人分:軽く山盛り2杯(5g)

軽く山盛り2杯(5g) 軽く山盛り2杯(5g) 

3人分以上:すりきり1杯(2g)×人数分

すりきり1杯(1g)
蒸らし時間
通常は60秒、深むし茶は30秒、60℃まで湯冷ましした場合は60~90秒蒸らします。
最後の一滴まで注ぎきる
最後の一滴には旨みがたっぷり。
急須にお湯を残さないことで、二煎目以降もおいしく愉しめます。

おいしさ長持ち お茶の上手な保存方法

美老園では、香りの良いお茶を愉しんでいただけるよう、できるだけお客様のお手元に届く直前に火入れをしております。おいしさを長持ちさせる上手な保存方法を紹介いたします。

お茶が苦手なもの


長期保存する場合

冷凍庫で保存します。
冷凍庫から出したあとは、常温に戻してから開封するようにします。冷えたお茶をそのまま開封すると、一気に湿気を含んでしまうためです。

開封後

開封後は、風味が豊かな二週間程度で飲みきることが理想です。
移り香を防ぐためにも茶筒などの密封容器に入れ、冷暗所に保存します。

飲みきるのに二週間以上かかるときは、残りは小分けし、移り香を防ぐよう密封して、冷蔵庫で保存しておきましょう。
冷蔵庫から出したあとは、常温に戻してから開封するようにします。

古くなったお茶の活用法

  • フライパンでから炒りすれば、自家製ほうじ茶として愉しめます。
  • ガーゼやメッシュなどの袋に茶葉を入れ、湯舟に浸すと体が温まる茶風呂になります。
    ※タオルや浴槽にお茶の色が着色する場合があります。
  • 茶香炉用のお茶にすれば、お部屋の消臭に役立ちます。